腸内フローラなら「長沢オリゴ」におまかせ!

カフェ500で販売している健康食品「長沢オリゴ」を飲んでいただいたお客様の感想や、糖質制限についての情報を発信しています。

新型コロナウイルスが世界的流行の兆しを見せています。
このウイルスは風邪を起こすウイルスの一つですが、肺炎を誘発することで人の命を奪います。

致死率は遺伝子の変異によって異なります。遺伝子の変異によってマクロファージに感染するようになると悪性度が上がります。マクロファージはT細胞、好中球などがウイルス、細菌、がんなどの異物を攻撃したゴミを除去することなどを行ないますが、自分自身でも異物を貪食します。

新型コロナウイルスは以前流行ったSARSやMERSと同じように、免疫力の低い高齢者や幼児に細菌性の肺炎を誘発することがあります。肺に肺炎菌が増えるとこれを好中球が貪食し、死骸となった好中球をマクロファージが貪食して炎症は抑えられますが、マクロファージにコロナウイルスが感染すると好中球の死骸が処理できなくなり、重篤な炎症が起きます。結果、間質性肺炎となり、呼吸困難などを起こし死亡することになります。

長沢オリゴを摂っていると、粘膜が強くなりコロナウイルス、インフルエンザウイルスの感染が強く抑えられます。

ところが、運悪く肺炎になってしまった場合、長沢オリゴでは肺炎の原因菌の増殖を抑えることはできません。体に侵入した微生物の増殖を抑えるのに最も有効なことはビタミンD濃度を高めておくことです。毎日数時間直射日光にあたっている人はビタミンD濃度は上がっていますが、その他の方はビタミンDのサプリメントを摂ることをお勧めします。ビタミンDはiHerbで購入すれば240日分が約1200円で入手できます。

長沢オリゴとビタミンDで新型コロナウイルスの脅威に対抗できます。

コメント

このブログにコメントするにはログインが必要です。